HOME>オススメ情報>施術前の状態次第では選択肢が増えることもある

しっかり固定される人工歯

治療器具

埼玉で受けられるインプラントは、加齢や虫歯によって抜けた状態になった歯を、人口歯でカバーする施術です。あごの骨に穴を空け、そこに土台となる器具を埋め込む形です。器具を埋め込んだ後は骨の自然治癒力によって固定されるのを待つため、しっかりした仕上がりになりやすいです。特に咀嚼に関しては、歯が抜ける前の状態を同じように行える可能性が高いです。また入れ歯のように取り付けた際に違和感を感じることが少なく、取り外してメンテナンスをしなければならないということも基本的にはありません。自費診療なので取り付ける人工歯のバリエーションも豊富で、自然に近い見た目のものを選ぶこともできます。

器具の接続位置が異なる

埼玉で受けられるスタンダードなタイプのインプラントは、あごに埋め込むインプラント体という器具と人工歯、その2つを繋ぐアパットメントの3つの部品を使用します。そしてそのインプラント体とアパットメントを接続する位置は種類によって異なり、骨の外側の歯茎の方で行うのか、骨の内側にするのかという違いによって、周囲の骨への影響が少なくしたり見た目にこだわるといった個別の働きを選択できます。また中にはそのインプラント体とアパットメントが一体化したタイプもあります。

取り付ける本数が異なる

もし埼玉で1本単位のインプラント施術を受けるのであれば、ひとつの器具に対してひとつの人工歯を取り付けるスタンダードな形になります。ただ連続した複数の歯をカバーするのであれば、選択肢は多くなります。あらかじめ横で繋がった構造をしている人工歯を用いて、実際の歯の本数よりも少ない器具で接続する形です。埋め込む数が少なくなるため、1本ずつ施術していくよりももちろんコストは安くなります。そしてその際の接続方法には、アパットメント以外に強力な磁石を使用するタイプがあります。

広告募集中