あごに器具を埋め込む施術

インプラント

歯は年齢を重ねると自然と抜けることが多く、虫歯の症状が酷いと抜歯の必要性も出てきます。そうすると一部だけが抜けた状態になりますが、そのままでは見た目が良くない上に咀嚼から身体全体の健康にも影響するため、何らかのカバーをする必要があります。一般的には健康保険を使った入れ歯やブリッジの使用が主流ですが、その他にもインプラントという方法があります。埼玉でも多くの歯科で取り扱われている施術で、あごの骨に器具を埋め込み、そこに人工歯を接続する形です。あごの骨が直接土台となっているためブリッジのように周囲の歯に負担をかけることがなく、自然な歯と同じような使い方ができるのが特徴です。それは日々のメンテナンスも同様で、定期的に歯科で確認はしてもらった方が良いですが、基本的にはブラッシングでケアできます。また接続する人工歯のバリエーションも豊富で、見た目を重視したセラミック陶器や、強度のある金属などから選ぶことができます。そんなインプラントはあごに器具を埋め込んでから、自然治癒によってしっかり固定されるのを待った後、人口歯を取り付けます。そのため治療期間としては3ヶ月から6ヶ月程度かかりますが、その間に仮歯を付けておくことは可能です。

数ある歯科の中から選ぶためのポイント

埼玉にはインプラントの施術ができる数多くの歯科があるため、最適なところを探すためにはいくつかのポイントを知っておかなければなりません。まず着目すべきなのは医師の技量で、精密な施術をしてもらえないと、しっかりとした仕上がりは期待できません。そのため実際に施術を受けた人の反応も含めて、色々なところから情報を集めて判断しましょう。そしてインプラント器具を製造するメーカーは複数あり、それぞれ異なる特徴を持っています。可能であればその特徴を把握しておいた方が良いです。また歯科によっては複数のメーカー製品を取り揃えていて、患者によって使い分けるという方法を取っているところもあります。それぞれの特徴を説明した上で最適なものを提案してくれるのであれば、患者側が自分で選ぶ手間はなくなります。またどのような人であっても、インプラントが最適な方法とは限りません。将来的な歯茎の衰えや生まれ持った骨の性質など、健康な状態を長く維持できない場合もあります。メリットだけを説明して強引に進めるのではなく、そのようなリスクをしっかり把握した上で、インプラントが最も適していると判断できるところに依頼すると良いでしょう。

広告募集中